太もも痩せには筋トレとストレッチの組み合わせ

ダイエットの成果はすぐに出てほしいものです。
 
大阪のダイエットジムでも基本は筋力トレーニングですが、少しでも高価が見ることができれば少しでも理想の自分に近づいていることの実感が、やる気に変わりますよね。

 

ここでは、ダイエットジムで行われている筋トレプラス、効果的な太ももエクササイズで、短期間で細い太ももを手に入れましょう。

 

太もも痩せに即効性効果のあるエクササイズは、スクワット

 

スラッと細く長い足が、ダイエットするときの目標に多いでしょう。

 

しかし足の中でも特に太ももは痩せづらい部分だと言われていて、脂肪はすぐについてしまうのに悲しい事に痩せたいときにはなぜかなかなか痩せません。
太ももを短期間で細くするためには、ポイントがあります。

 

太もものつけるべきところに筋肉をつけて、代謝を上げ脂肪を燃焼させることです。
その点でスクワットは、とても効率的に太ももに筋肉をつけてくれると言われています。

 

なぜなら、スクワットは短時間で筋肉に負荷がかかる無酸素運動だからです。
筋肉が少ない状態でのスクワットはかなり辛いエクササイズでしょう。

 

この時気をつけてほしいいのは、太ももの前側の筋肉(太腿四頭筋)でなく、後ろ側のハムストリング(太腿二頭筋)を意識できる
様にしてスクワットしてください。後ろ側を鍛えたほうが足は細く見えます。

 

 

しかしスクワットすることで確実につけたいところに筋肉はついていき、筋肉がつけば自然と代謝が上がり脂肪が燃焼しやすい体質になります。
そして、太ももの筋肉周りの余分な脂肪が落ちる事が期待できるのです。

 

クワット後のストレッチで太もも痩せに効果を出そう

 

無酸素運動であるスクワットの後には有酸素運動のストレッチを行いましょう。

 

有酸素運動といえばジョギングやウォーキング、水泳が代表的です。

 

しかし、この3つはなかなか室内で行うのは難しいですね。
室内で出来る有酸素運動エクササイズもありますのでスクワットの後に挑戦してみましょう。

 

例えばフラフープは道具が必要ですが、室内でできます。
仰向けの状態で足をパカパカする足パカストレッチもあります。

 

適度な高さがあれば踏み台昇降や、また信号待ちの時などに立ちながらおしりに力を入れて引き締めるのも良いでしょう。
ながらストレッチを地道に取り入れていけば、短期間で効果が期待できます。

 

スクワットで短期間に効率的に筋肉をつけて、有酸素運動のストレッチを取り入れましょう。
自分の理想とする太ももに早く辿りつくことができるでしょう。